カテゴリ一覧

男性視点 女性視点 ナンパ・合コン 女子校生(JK/JC/JS) レイプ・輪姦 痴漢 寝取られ・寝取り 会社・上司・同僚 セフレ・愛人 人妻・熟女 乱交・ハーレム 近親相姦 浮気・不倫 オナニー・ひとりえっち 羞恥・露出 初体験 覗き・盗撮 SM・調教 レズ・百合 いたずら マッサージ・整体 一夜の恋

NTR OL の記事一覧

―ゆるい脅迫―見知らぬ男と腕を組みながらラブホから出てきた同じ職場の女に 後半

―ゆるい脅迫―見知らぬ男と腕を組みながらラブホから出てきた同じ職場の女に 後半

俺は興奮を抑えきれず、がむしゃらにおっぱいに吸いついた。 唾液をダラダラ垂らしながら乳首を舌で転がし、片一方の手で揉みまくる。 そしてそのまま全身に舌をはわしては舐めまくった。 いよいよ、下を脱がして彼女のマンコとご対面だ。 どんな形か…

▼続きを読む

―ゆるい脅迫―見知らぬ男と腕を組みながらラブホから出てきた同じ職場の女に 前半

―ゆるい脅迫―見知らぬ男と腕を組みながらラブホから出てきた同じ職場の女に 後半

この間の休日の夜、久々に風俗でも行こうかと風俗街を歩いていると、驚く事があった。 1組のカップルがラブホから出てきたと思ったら、女の方は知っている顔。 同じ職場の女だった。 男の顔は知らないが、20代のイケメン男子。 女の方は人妻だ。

▼続きを読む

ずっと憧れていた元上司の美人妻を【抱いた】後編

ずっと憧れていた元上司の美人妻を【抱いた】後編

寧音は薄い生地のズボンを履いていた。 スパッツなどと呼ばれているようなたぐいだ。 オマンコの凹凸がはっきりとわかります。 クリトリスのとこやオマンコをしばらく押したりさすったりしていると、寧音は俺のナニから口を離し、 いきり立ったナニ

▼続きを読む

ずっと憧れていた元上司の美人妻を【抱いた】前編

ずっと憧れていた元上司の美人妻を【抱いた】後編

寧音はスタイル抜群の美人だ。 性格もサバサバしており、みんなで飲み会をしても若いのに年上を仕切ってその中心的存在。 俺は寧音に好意を持っていた。 唯一、気がかりは、寧音が既婚者と言う事だ。 寧音は俺の元仕事先の上司の妻なのだ。

▼続きを読む

最愛の妻を見知らぬ男に寝取らせフルボッキする夫が変態すぎるw 後編

最愛の妻を見知らぬ男に寝取らせフルボッキする夫が変態すぎるw 後編

初めはクリトリスを舐められました。 『ん…んっ…』 全体を舐める前に彼は、指をオ〇ンコの中に。 『くっはぁ…ぁっ…』 私は恥ずかしいほど濡れ立っていたので、痛くはありません。 それよりも… 『あっ…だめ…逝きそうだ

▼続きを読む

最愛の妻を見知らぬ男に寝取らせフルボッキする夫が変態すぎるw 前編

最愛の妻を見知らぬ男に寝取らせフルボッキする夫が変態すぎるw 後編

夫から、スワッピングの話をされました。 結婚7年目、浮気等の経験はありません。 男性経験は夫を含めて3人です。 『他の男性に抱かれているお前を見てみたいんだ』 と。 『逝かされたらどうなるのかも見たい』 と。

▼続きを読む

夫の単身赴任中に娘の彼氏を奪った私を本当の女にした男の名は”米沢” 最終話

―ゆるい脅迫―見知らぬ男と腕を組みながらラブホから出てきた同じ職場の女に 後半

米沢がそう言って見せたのは浣腸剤でした。 「これを使って前処理をするんだ」 「嫌よ・・そんなこと。怖いわ。」 「使い方は簡単だよ、説明書もあるし。」 「無理よ、そんな事自分でなんか怖くて出来ない・・」 「じゃあ俺がするか」 「嫌っ

▼続きを読む

夫の単身赴任中に娘の彼氏を奪った私を本当の女にした男の名は”米沢”⑨

―ゆるい脅迫―見知らぬ男と腕を組みながらラブホから出てきた同じ職場の女に 後半

私は気を焦りながら家中を点検して少しでもおかしなところは全て直しました。 そして米沢もそのことを察して、それでも家事を終えた私とリビングのソファーで一度セックスをしてから帰って行ったのです。 夕方5時過ぎに娘が帰ってきました。 疲れていたせいか早めに寝てし

▼続きを読む

夫の単身赴任中に娘の彼氏を奪った私を本当の女にした男の名は”米沢”⑧

―ゆるい脅迫―見知らぬ男と腕を組みながらラブホから出てきた同じ職場の女に 後半

そのままの姿で待たされると・・ 米沢がキッチンからバターを持ってきました。 私のお尻の穴の周りに塗って、それを舐めたり指を入れたりし始めました。 私はその刺激に我慢できなくなり淫らな声を上げ続けました。 米沢の入れる指が1本から2本になって優しくマッサー

▼続きを読む

夫の単身赴任中に娘の彼氏を奪った私を本当の女にした男の名は”米沢”⑦

―ゆるい脅迫―見知らぬ男と腕を組みながらラブホから出てきた同じ職場の女に 後半

その夜・・・私は娘のベッドをアソコのお汁で汚してしまうほど激しく乱れました。 娘のベッドだったからこそ異様に燃え上がってしまったのかもしれません。 米沢はそんな私を容赦なく責め続けました・・。 事が終わり、眠りに付いた私を米沢は強引な愛撫で無理やり目覚

▼続きを読む

夫の単身赴任中に娘の彼氏を奪った私を本当の女にした男の名は”米沢”⑥

―ゆるい脅迫―見知らぬ男と腕を組みながらラブホから出てきた同じ職場の女に 後半

「何してるんだよ、早くケツ向けろよ」 私は米沢のペニスをお口に含んだまま彼の顔の上を跨ぐような姿勢をとりました。 「おっ!はっはっ。キミコ何にもしないうちから汁が溢れてるじゃん」 案の定、米沢は私のアソコを見ると大きな声で笑いながら言いました。

▼続きを読む

夫の単身赴任中に娘の彼氏を奪った私を本当の女にした男の名は”米沢”⑤

―ゆるい脅迫―見知らぬ男と腕を組みながらラブホから出てきた同じ職場の女に 後半

「そんなところ絶対に無理ですから」 「心配するなって、ここには入れないから、ただ弄るだけ」 そう言って私の体中を洗いました。 私が浴室から出ようとすると米沢が、 「あれ、俺の体も綺麗に洗うんだよ」 呼び止めるので私がスポンジを取ろう

▼続きを読む

夫の単身赴任中に娘の彼氏を奪った私を本当の女にした男の名は”米沢”④

―ゆるい脅迫―見知らぬ男と腕を組みながらラブホから出てきた同じ職場の女に 後半

娘の彼氏、米沢に犯されてからというもの、私は彼のいうなりの日々がはじまりました。 悪夢であって欲しい・・・ でもこれは現実だったのです。 犯された翌日、米沢に脅迫をされて呼び出されました。 私は行こうか行くまいか考えましたが、携帯に録音されたあの

▼続きを読む

夫の単身赴任中に娘の彼氏を奪った私を本当の女にした男の名は”米沢”③

―ゆるい脅迫―見知らぬ男と腕を組みながらラブホから出てきた同じ職場の女に 後半

「いいんだよね?お母さん。だって濡れ濡れだもんね」 続けて、 「あいつこんなに濡れねえしなぁ」 私はさすがに我慢できなくなり、 「お願いだから、もうこれ以上あの子のことは言わないで」 と言ってみましたが、 「良いじゃん、あいつより

▼続きを読む

夫の単身赴任中に娘の彼氏を奪った私を本当の女にした男の名は”米沢”②

―ゆるい脅迫―見知らぬ男と腕を組みながらラブホから出てきた同じ職場の女に 後半

ブラのホックが外されました。私は慌てて胸を両腕で隠しましたが、米沢君に力ずくで腕を剥がされてブラを取られてしまいました。 娘のカラフルな下着とは大違いなベージュ色のなんの美しさもない下着が引きはがされたんです。 この年になってこんな想いをするなんて思ってもみ

▼続きを読む

夫の単身赴任中に娘の彼氏を奪った私を本当の女にした男の名は”米沢”①

―ゆるい脅迫―見知らぬ男と腕を組みながらラブホから出てきた同じ職場の女に 後半

長いお話になります。どうか、これは小説と思ってお読みください。 きっかけや理由はどうであれ、娘の恋人を奪ってしまった酷い母親な私のお話です・・・ 年上の夫は単身赴任中で、今は20才の一人娘と東京近郊に住んでいます。 娘は都内にある女子大の2年生で、同じ

▼続きを読む

H中に彼から着信!入れられたまま彼と会話した結果… 後編

H中に彼から着信!入れられたまま彼と会話した結果… 後編

「いいから、いいから、そう騒ぐなって」 もう一人の男は、 「この写真、彼に送っちゃうよ、まずはツアーバスにプリントしておいとくか(笑)ケタケタ~」 「おー、それいい案だね、そこのコンビニでプリントアウトでもしてくるか」 って悪ふざけがすぎなが

▼続きを読む

H中に彼から着信!入れられたまま彼と会話した結果… 前編

H中に彼から着信!入れられたまま彼と会話した結果… 後編

彼とツアーに行く計画を立てていましたが、当日になり彼の体調が悪くなって行けなくなってしまったんです。 私もやめようとは思いましたが、ツアーは楽しみにしていたし、キャンセルしても当日返金はないし、彼も気にしないで行ってきなよと言ってくれたので、一人で行く事にしま

▼続きを読む

娘の彼氏が私のパンティを見て欲情し押し倒されてしまったんです…

―ゆるい脅迫―見知らぬ男と腕を組みながらラブホから出てきた同じ職場の女に 後半

娘の彼とセックスしちゃいました… パートがお休みの日、ゆっくりお風呂場を丁寧に洗っていた時でした。 娘の彼氏が家に来たのです。 「あら?〇〇ならいないけど、今日は学校は?」 「今日は開校記念日で休みだから遊びに来ました。んじゃ、帰ります」

▼続きを読む

目の前に親友がいるに後ろからスルっと挿れられて… 後編

AV鑑賞しながらオナニーをする弟と友達のオカズにされちゃいました

朋美もついに挿入です。 お触りだけの愛撫が長かったので、きっと挿入はとても気持ちよかったと想像がつきます。 きっとアソコいっぱい濡らしていただろうし・・・。 私はバックから、朋美は上に覆い被されて、二人横に並んでのHが始まりました。 相手に負けない位

▼続きを読む