カテゴリ一覧

男性視点 女性視点 ナンパ・合コン 女子校生(JK/JC/JS) レイプ・輪姦 痴漢 寝取られ・寝取り 会社・上司・同僚 セフレ・愛人 人妻・熟女 乱交・ハーレム 近親相姦 浮気・不倫 オナニー・ひとりえっち 羞恥・露出 初体験 覗き・盗撮 SM・調教 レズ・百合 いたずら マッサージ・整体 一夜の恋

男性視点 の記事一覧

下請け業者からの接待に同席した真面目なメガネっ子ちゃんに枕営業させた件w ④

下請け業者からの接待に同席した真面目なメガネっ子ちゃんに枕営業させた件w ④

「ああっ!入ってる・・だめ、あ、だめっ・・」 僕「今日は大丈夫な日?」 咲希「あっ・・・んっ!あっ!んっ!わかんないからダメぇー!」 僕「やばよ、咲希さんがエロすぎてもう出そうだよ、中で出していい?いいよね?」 咲希「あんっ!くぅんっ!あ

▼続きを読む

下請け業者からの接待に同席した真面目なメガネっ子ちゃんに枕営業させた件w ③

下請け業者からの接待に同席した真面目なメガネっ子ちゃんに枕営業させた件w ④

やはり待っているだけじゃつまらない。 僕は何食わぬ顔してお風呂場へ。 でもその時丁度彼女がでてきちゃいました。 僕がお風呂から出てくると咲希さんはバスタオルを巻いてベッドに横になってました。 その枕の下には後で咲希さんを狂わせる道具が眠ってるとも知ら

▼続きを読む

下請け業者からの接待に同席した真面目なメガネっ子ちゃんに枕営業させた件w ②

下請け業者からの接待に同席した真面目なメガネっ子ちゃんに枕営業させた件w ④

答られない質問をするのって、男のサガかな。 舌でねぶり、指でも軽く刺激しながら、 「咲希さんって本当に攻められ好きなんだね。こんなエッチな格好しちゃって感じちゃってるんだもんね」 言葉攻めも好きそうで、身体はちょっとした動きにピクっピクっと

▼続きを読む

下請け業者からの接待に同席した真面目なメガネっ子ちゃんに枕営業させた件w ①

下請け業者からの接待に同席した真面目なメガネっ子ちゃんに枕営業させた件w ④

僕があるプロジェクトに参加した時の事。 下請け業者からの接待があり、参加者は上司と下請けさんの上司と下っ端の女性の咲希さんと僕の四人。 咲希さんとは打ち合わせで何度も会ってる。 仕事がある程度形になってきたので、上司も交えて一杯やることになったのだった。

▼続きを読む

―ゆるい脅迫―見知らぬ男と腕を組みながらラブホから出てきた同じ職場の女に 後半

―ゆるい脅迫―見知らぬ男と腕を組みながらラブホから出てきた同じ職場の女に 後半

俺は興奮を抑えきれず、がむしゃらにおっぱいに吸いついた。 唾液をダラダラ垂らしながら乳首を舌で転がし、片一方の手で揉みまくる。 そしてそのまま全身に舌をはわしては舐めまくった。 いよいよ、下を脱がして彼女のマンコとご対面だ。 どんな形か…

▼続きを読む

―ゆるい脅迫―見知らぬ男と腕を組みながらラブホから出てきた同じ職場の女に 前半

―ゆるい脅迫―見知らぬ男と腕を組みながらラブホから出てきた同じ職場の女に 後半

この間の休日の夜、久々に風俗でも行こうかと風俗街を歩いていると、驚く事があった。 1組のカップルがラブホから出てきたと思ったら、女の方は知っている顔。 同じ職場の女だった。 男の顔は知らないが、20代のイケメン男子。 女の方は人妻だ。

▼続きを読む

ずっと憧れていた元上司の美人妻を【抱いた】後編

ずっと憧れていた元上司の美人妻を【抱いた】後編

寧音は薄い生地のズボンを履いていた。 スパッツなどと呼ばれているようなたぐいだ。 オマンコの凹凸がはっきりとわかります。 クリトリスのとこやオマンコをしばらく押したりさすったりしていると、寧音は俺のナニから口を離し、 いきり立ったナニ

▼続きを読む

ずっと憧れていた元上司の美人妻を【抱いた】前編

ずっと憧れていた元上司の美人妻を【抱いた】後編

寧音はスタイル抜群の美人だ。 性格もサバサバしており、みんなで飲み会をしても若いのに年上を仕切ってその中心的存在。 俺は寧音に好意を持っていた。 唯一、気がかりは、寧音が既婚者と言う事だ。 寧音は俺の元仕事先の上司の妻なのだ。

▼続きを読む

淡白な彼氏のセックスに欲求不満な22才の先輩のカノジョに中出しwww

欲求不満な22才の、先輩のカノジョと。

悠亜との関係は仲が良い程度であった。 悠亜は同じ会社の先輩と付き合っている22歳の事務員。 背が低く、150㎝程の童顔の子。 彼氏の相談を受けるようになってから、少しずつ俺はカノジョの事を意識し始めるようになった。 悠亜は勤務態度も真面目でと

▼続きを読む

泥酔して公園のベンチで寝てる女を家まで送ってあげたら怒涛の誘惑につい③

泥酔して公園のベンチで寝てる女を家まで送ってあげたら怒涛の誘惑につい③

「あんっ!あっあっイイ!すごい!すごすぎるよぉ~、あああ、だめ~~っ」 後ろからマンコを突き上げると、彼女は数分でまたイってしまった。 俺もそろそろ限界。 「でるわ…」 「あっ、中はだめっ、外に…」 「口でいい?」 「う、うん」

▼続きを読む

泥酔して公園のベンチで寝てる女を家まで送ってあげたら怒涛の誘惑につい②

泥酔して公園のベンチで寝てる女を家まで送ってあげたら怒涛の誘惑につい③

ブラのホックを外すと、ブラジャーがすたっと落ちた。 かなりイイ、たわわなおっぱいが。 まだピンク色の乳首もいいね。 形もいいや。 そのまま彼女に水をもう一回飲むよう勧めた。 飲ませる口実で、おっぱいの大きさや形をよく見たいからだ。

▼続きを読む

泥酔して公園のベンチで寝てる女を家まで送ってあげたら怒涛の誘惑につい①

泥酔して公園のベンチで寝てる女を家まで送ってあげたら怒涛の誘惑につい③

帰りに酔っぱらった女がいたんだ。飲んだ帰りの真夜中の出来事。 近くの公園を抜けてコンビニに行くのだが、ベンチに寝てる女がいた。 女のくせに…まったく。 ほっとこ。 素通りした時、チラ見したら開襟ブラウスの首のところからブラがチラっと見えた

▼続きを読む

彼氏が指示する羞恥プレイに濡れてしまう彼女

彼氏が指示する羞恥プレイに濡れてしまう彼女

カラオケを出てしばらく結菜は、恥ずかしさに慣れたのか普通に話せるようになった。 彼女が慣れるのにそう時間はかからなかった。 彼女は今、スカートを履いている。 「どお?少しは慣れた?」 「うん…もう大丈夫」 「あそこ

▼続きを読む

妻ではピクリとも動かなくなり入院先のナースをオカズに妄想オナニーに耽る秋

妻ではピクリとも動かなくなり入院先のナースをオカズに妄想オナニーに耽る秋

去年の今頃。そう、秋に入って間もない頃だ。 俺はとある時から痔もちで結構辛かった。 あまりのひどさに思い切って手術をする事に。 名医のいる都心の肛門科へ入院。 地元では不安で、そこなら安心して手術できるからだ。 期間は2週間程。

▼続きを読む

保育園の先生をしている僕の彼女の友達のこと。後編

保育園の先生をしている僕の彼女の友達のこと。後編

「後ろからガンガン突いてきて!」と、僕の彼女の友人の巨尻ちゃんから指令が出た。 バックで挿入、やっぱりおケツが超デカい。 突くたびに巨尻がポワンポワンっと揺れる。 右の親指でお尻の穴も愛撫しながら、オマンコをガンガン突いた。 「して

▼続きを読む

保育園の先生をしている僕の彼女の友達のこと。前編

保育園の先生をしている僕の彼女の友達のこと。後編

推定身長158cm、胸は巨乳で、ケツもデカくて巨尻の子。 保育園の先生をしている、僕の彼女の友達のこと。 顔は眉が細め、きりっとしてて佐々木希みたいな顔をしている。 職業柄とは違って顔も身体も派手め。 僕の彼女の部屋でその彼女を招いて3人で飲んでい

▼続きを読む

俺が真正のSになった理由(ワケ)

初めての縛りとピンクローター攻めにカ♡イ♡カ♡ン♪

俺は20歳、パチンコ屋で働いでます。 今年初め、先輩と飲んでいる時に先輩に着信があり、先輩はペコペコしててなんか変だなと思っていました。 先輩とは仕事終わりにたまに飲むくらいで、プライベートでつきあってるっつーほどでもない。 職場での噂はチラホラ聞いていた

▼続きを読む

一貫して社員に手を出さなかった私が今では入れ食いw

一貫して社員に手を出さなかった私が今では入れ食いw

私はコンビニエンスグールプのゾーンマネージャーをしています。 いつもは皆に厳しい上司、男性社会の中では今でも女性はなかなかやりにくいものです。 以前までの私は、仕事関連以外で若い男とSEXするのが若さを保つのとストレス解消でした。 仕事にプライベートを持ち

▼続きを読む

スパンギングするとケツがみるみる赤くなりそれが最高の興奮を生む!後編

誰か助けて!6歳年上のサディスティクな兄に変態調教を受け続けています…

妻の友人を落ち着かせるように背中に右手をまわしそっと叩き、首筋に唇を押し付けました。 舌を当てるか当てないかという微かな感触で、首筋から耳元まで唇を往復させること2往復。 耳たぶに優しく歯を立てると、彼女はびくーーっと反応しました。 「どういう風にされ

▼続きを読む

スパンギングするとケツがみるみる赤くなりそれが最高の興奮を生む!前編

誰か助けて!6歳年上のサディスティクな兄に変態調教を受け続けています…

妻の友人を調教。といっても妻も含め、3Pですがね。 スレンダーな妻とは対照的に、妻の友人は俺好みのぽっちゃり巨乳。 ぽっちゃりっていっても最近の仲間ユキエみたいな感じ。 あの人も結婚してからぽちゃっとしてきて益々イイ  ”女”  になってきたな。 妻

▼続きを読む