カテゴリ一覧

男性視点 女性視点 ナンパ・合コン 女子校生(JK/JC/JS) レイプ・輪姦 痴漢 寝取られ・寝取り 会社・上司・同僚 セフレ・愛人 人妻・熟女 乱交・ハーレム 近親相姦 浮気・不倫 オナニー・ひとりえっち 羞恥・露出 初体験 覗き・盗撮 SM・調教 レズ・百合 いたずら マッサージ・整体 一夜の恋
2017.9.14

H中に彼から着信!入れられたまま彼と会話した結果… 前編

H中に彼から着信!入れられたまま彼と会話した結果… 後編

彼とツアーに行く計画を立てていましたが、当日になり彼の体調が悪くなって行けなくなってしまったんです。


私もやめようとは思いましたが、ツアーは楽しみにしていたし、キャンセルしても当日返金はないし、彼も気にしないで行ってきなよと言ってくれたので、一人で行く事にしました。

バスまで行くとイメージしていたバスよりも2まわりも小さくて、ツアー参加者も8人ほど、午前中に何箇所か回り、昼食を食べた後、午後は温泉の予定だったのですが、お昼を食べた後に私は疲れからか、ちょっと体調が悪くなり、1箇所だけ回らないでバスの中で休ませてもらう事にしました。
バスから外の景色を見ていると、ツアー客の男性が戻ってきて、

「体調大丈夫?俺もちょっと疲れたから休む事にしたよ」

って言い、

「これ買ってきたから飲みなよ」

お茶を差し入れしてくれて横に座ってきました。

私はどれくらいでしょうか、眠って休んでいたので体調がちょっと戻り、その男性といろいろ話をしていました。

「しかし何故だい?一人でこんなバスツアーに参加するなんて」

私は本当は彼と来るはずだったことを話しました。

「そっか、そうなんだね。でも女性一人で行かせるなんて彼もちよっとなぁ~。俺なら一人でなんて絶対いかせないけどね。」

と言いながら、冗談半分に腰に手を回してきたんです。

「も~、わりとお上手なんですね」

って、あからさまには拒絶せずに、そっと手を振りほどいたのですが、今度はその手を胸に移動して軽く揉んできました。

私は驚いて、

「やめて下さい!」

って言いましたが、その男性、

「あんまり大きな声出すと運転手を起こしちゃうよ、休憩中なんだから」

と言い、顎で寝ている運転手さんの方向を示しました。

今思うとその時に大声で起こして助けてもらったほうが良かったのに・・。

その時は年上だし、やめるだろうといった思いがあって黙ってしまいました。
男はチュニックの中に手を入れてきて、ブラをずらして直接胸に手を触れてきたので、小声で、

「いい加減にして下さい、やめないと大きな声出しますよ」

って睨んで言うと、口を塞ぐ様にキスをしてきました。

キスって言っても強引にベロで口を嘗め回すような感じです。
私が口を空けなかったので顔中を舐めまわさました。

うっ!気持ち悪い・・

そんな感情でいっぱいになっていると、脚の間に手を入れてズボンの上から谷間を刺激してきました。

「やめて、した事ないから触らないでっ!」

そう言うと、男は

「そうなのか」

とすんなりやめてくれました。

本当は初めてじゃなかったけど、その方が良いと思って言ってみたのです。

「わかった。もうやらないから記念に1枚だけ写真撮るよ」

写真ならよいかとそのままいると、カメラを取り出して私の顔を向けさせて、いきなりチュニックを捲られ、ブラが写るように写されました。

「誰にも見せないからさ」

撮り終えるとサっと自分の席に戻りました。

私は怖かったけど、すぐやめてくれたし、その後すぐにツアーの他の人が戻ってきたので、

助かった~~

と思いホッしました。

そのままツアーが進み、一休憩してから夕飯を食べて帰宅となる予定でした。
私は温泉に浸かってから部屋に戻りました。
本当は彼と来る予定の部屋だったので一人では広すぎてがらーんとした気分。

ノックがして部屋に人が入ってきました。
宿の方かな?
泊まる訳でもないので鍵はかけていなかったのです。
すると部屋に入ってきたのはさっきの男と、一緒に来ていたその友人の2人でした。

「さっきは楽しかったよ、イヒヒ」

笑顔で入ってくると、ビールを出して友人と飲み始めたんです。

「お姉ちゃんも一緒に飲もうよ」

私はビールは大好きだったのですが、

「さっきの事、怒ってますよ」

って言うと、

「この事かな?」

と言ってカメラを見せてきました。

むっ・・・

「友達に見せたら、こいつも見たいっていうから連れて来たんだよ。ブラだけちらっと見ればこいつも気が済むから」

私は当然嫌がったのですが、見せないと写真どうなるかわかんないよって言われて、

「ブラだけなら良いです」

って言うと、

誰にもみせないよと約束してくれました。

温泉から上がって、せっかく浴衣があったのでそれを拝借してたので、浴衣の前をちょっとあけて見せると男達は大喜びしました。

「じゃあ、あとパンティ見せてくれたら俺たち戻るから」

これで帰ってくれそうと思って、ブラとパンティが見えるように浴衣をはだけさせてしまいました。

そうすると男がデジカメですかさず写真を撮ったんです。
それを眺め、

「こんな自分から挑発しているみたいな写真、彼氏が見たらどう思うだろうな」

と同時にもう一人の男が後ろから抱きついてきて浴衣の前から手を入れて両胸を強く揉み、下からもパンティの上からクリの部分を刺激してきました。

「この子まだウブ(処女)だから。俺、まだ処女とやったことないんだよ」

って嬉しそうに話し、私は危ないと思って、

「やめて下さい!離してください!人を呼びますよ!」

って言ったのですが、、、

後編に続く